南向き6帖の洋間より

カテゴリ:エキストラ( 7 )

久しぶりのエキストラ

c0044569_13423098.jpg

久々にエキストラに行ってきました。
NHKの「ジャッジ2」というドラマです。
撮影現場は、自宅から車で10分の某小学校の旧講堂です。
私の役は、裁判員制度の講習を聞いている聴衆。
秋風吹く10月ですが、夏の設定なので半袖でした。さぶい。

役者さんは、ジャッジのほぼメインキャストを見ることができました。
一度のロケでたくさんの役者さんにお目にかかることはそう無いことなのです。
主演の西島秀俊さんは、すらっと誠実そうな男前だったし、
浅野温子さんは、顔小さっ!めっちゃ美人やし。
菅井きんさんは…、いつまでも元気でいてくださいね〜。
なかでも梅津栄さんは、アドリブで撮影現場の笑いをさらっていました。

聴衆の役は、シーンごとにあちこち動かされるので、きっとオンエアでは確認できないだろうなと思いました。
今回は、かな〜り見切れてそうです(泣)
しかも、事前に知らされていた拘束時間は7時から16時だったのですが、午前中でエキストラの出番が終わってしまいました。あれまぁ。
まぁ、この短時間の撮影でたくさんの役者さんを目にしただけでもラッキーです。よしとしましょう!
久々のロケで面白かったし〜。
ロケ弁をほおばり、記念品を握りしめロケ地を後にしました。
[PR]
by mt-fanfare | 2008-10-02 14:18 | エキストラ

久々エキストラ

c0044569_22543068.jpg

今日はエキストラに久々に参加してきました。
場所はあかね文化ホール。最寄り駅は近江鉄道の桜川。
普段、近江鉄道を利用しないから「どこそれ?」といった感じ。
とにかく駅員さんに勧められるがまま購入した一日フリー切符(550円)で現地に向かいました。

今回は「blue bird」という映画で、キャストやスタッフが公募で集まっているそうです。自主制作かな?
受付を済ますと早速記念品をもらいました。
「blue bird」のステッカーとひこにゃんクリップ。なんでここまできてひこにゃん…。
役はコンサートを聴きにきた観客。座っているだけなので楽チン…、かと思いきや、なかなか出番がきません。かなり撮影が押しているようでした。
その間、ロビーでエキ仲間のEllieさんと永遠と談笑していました。この日で一番楽しかった時間でした(笑)
集合時間の13時から3時間後、やっとホールの中へ入って撮影です。
この映画。撮影方法が変わっていて、2台のハンディカメラで自由に動きながら撮るというもの。
子供達の合唱を聴きながら撮影は進み、予定時間を1時間オーバーして終了しました。
どんな映画か興味はあるのですが…、見る機会ないだろうな~(汗)
[PR]
by mt-fanfare | 2007-12-22 22:54 | エキストラ

エラい…エキストラ参加

昨日、久々にエキストラに参加してきた。
今回はテレ朝系で放送の「エラいところに嫁いでしまった!」。
主演は仲間由紀恵。一度お目にかかりたかった女優さんだ。やったね!
集合場所も八日市駅前だし、結構余裕だ…と思っていたが、時刻表を見ると、集合時間の45分前に着く電車しかないことが判明。なんていう便数の少なさ!しかも天気悪そうだし、着物での出演なので自由が利かない。どうするオレ?どうする?!
母にそのことを言うと「送ったげよ」と優しいお言葉。着物の着付けもして送り付きなんて、母上には足を向けて寝られない。

今回のロケは八日市商工会の協力のもと、結構たくさんのエキストラが集まるらしい。
ロケ現場である某公民館に着くと、もうすでにいっぱいのエキストラ。みなさん着席して場所が決まっているようだ。空いているのは後ろの席ばかりで、映れそうなポジションが無いじゃん!どうするオレ?どうする?!
すると、前の方で中央部分に空き席があるのを発見!すかさず滑り込んだ。
でも、出演俳優さん達とは離れた場所であることが後になって解る。場所取り失敗である。
しかも、着馴れない着物で正座の撮影。ぐえぇぇ。みんなもしんどそうだ。

エキストラの楽しみといえば、俳優さんに会えることだ。
主演の仲間由紀恵は、画面で見ても実際見ても、その美しさは差ほど変わらないように思えた。彼女は、遠くからでも目の動きがわかるくらい、おっきな目をしていた。
松坂慶子は以外に大きな人だったのでびっくりした。優雅な美しさを感じる。
野際陽子は見ただけで「ごめんなさい」と言ってしまいそうな威厳があった(笑)
でも、何と言っても谷原章介がかっこいい!男前!ぎゃ~!

c0044569_13142017.jpg撮影は今回でクランクアップを迎えるそうで、3日後の最終回に使うそうだ。バタバタですな。
でも、クランクアップに立ち会えるなんて滅多に無い機会だ。最後までいようと心に決めたが、なかなか撮影は順調に進まない。
当初の終了予定の22時をまわり、便数の少ない近江鉄道に合わせて参加者もポツポツと帰って行く。遅くなるのはイヤだけど、クランクアップも見たい!どうするオレ?どうする?!(もうええっちゅうねん)
ギリギリまでいたかったので電車に乗らずに、メールで主人に迎えに来てもらえるよう連絡した(すまぬ、主人よ)。
でも、23時をまわった時点で「もう限界」と判断。クランクアップの瞬間を見ることなく現場を去った。残念だけど、このまま付き合っていると日にちが変わりそうだ。

参加賞は、テレ朝のボールペンとシャープペンシルのセットと、ドラえもんが刺繍(?)されたタオル。キャラクターは強い。
正座でだるだるに疲れた足をひきずりながら、「ごめんなさ~い」と逃げ去るようにロケ現場を後にした。
[PR]
by mt-fanfare | 2007-03-06 14:03 | エキストラ

エキストラ参加話(阿国編)

昨日はエキストラに行ってきた。
もちろんいつものボランティアだ。
今回はNHKのドラマ「出雲の阿国」で
初の時代物となる。
あこがれのカツラがかぶれるかどうか、
楽しみにしていた。

撮影所は太秦の松竹だ。
太秦といえば東映の映画村が有名だが、
松竹も同じような場所にあるのは驚いた。
しかし、彦根からJR太秦駅まで片道1,110円もする。
ボランティアも楽ではない。
太秦駅前で会った同じサポーターの女性と松竹を目指すも、
初っ端から逆の方向を進んでしまう。
地図は自信があったはずなんだけどなぁ。
先が思いやられた。
人に道を聞きながら、無事到着。

安土桃山時代の衣装を着せてもらい、
念願だったカツラもかぶらせてもらう。
やったね!でも、なんか笑える。
そして、これまた初体験のドーランを塗る。
水分の抜けたリキッドファンデーションのようだ。
しみが消えてちょっと美人になったかも(笑)
美味しいロケ弁もいただいて、撮影に臨んだ。

セットの中は少し寒く、
衣装の下にもう少し着ておけばとちょっと後悔した。
ゴザに座って踊りを見る役だったので
素足だし、足が冷える冷える。
しかも、カツラの上からメガネはしてはならない。
本番だけ外せばいいという問題ではないようだ。
でも、見えないのはつまらないので(視力0.05)
休憩中に無理やりかけていたらメイクさんに怒られた。
すんまへん。だって見たかったんだもん…。
撮影も段取りよく進んだので結構早く終わった。
早く終わるということは、
オンエアの登場時間も少ないってことだ。
あまり期待はしないでおこう。

お楽しみの記念品は、
どーも君のストラップセットとハンカチタオル。
どーも君好きな私にはありがたい記念品だ。
大切にとっておこう(また、無くす)
今回は念願の時代物衣装が着られて非常にうれしかった。
ボランティアなので金銭的にマイナスだけど、
期待通りのロケに参加できて大満足だ。
また、時代物に参加したいな。
[PR]
by mt-fanfare | 2006-01-27 16:59 | エキストラ

エキストラ(がんばって…編)

久々のエキストラの募集があり、昨日参加してきた。
「がんばっていきまっしょい」というドラマなのだが、
正直見たことはない。(^^;
女子ボート部の活躍を描いているようだ。
でもそれ以上の事は全く知らなかったりする。
役者も誰か出ているのかしらないのだ。
とにもかくにも、朝5時に起き、
始発の新快速に乗って集合場所に向かった。

瀬田の唐橋公園に集合なのだが、
自分で調べたバス停からすんごく遠く結構歩かされた。
公園に着いたら着いたで、撮影場所は1Km先の漕艇場だと言う。
マジ?まだ、歩くの?
漕艇場に着いたら着いたで、どこに行っていいかわからない。
とりあえず漕艇場の端まで行ってみた。
ちなみに漕艇場は1Kmある。
端まで行ってみたが、答えは見つからず、適当に座り込む。
しかし、待てど暮らせど撮影は始まらない。
エキストラは待たされる事が多いため、そうイライラはしない。
もう慣れた。シートを広げ本を読んで過ごす。
ちょうどその時、参加者ではないけれど、
大学時分にボート部のマネージャーをされていた方が
ロケを見にこられてて、面白い話をうかがった(感謝感謝)
しかし、いつまでたってもロケが始まらないので
11時には帰られてしまった。
その後ロケは昼からと伝えられる。
c0044569_11294896.jpg

ロケ弁を頂き、撮影開始。
それにしてもすごいエキストラの数。
と思ったら、ほとんど一般人。通り掛かりの人もいる。
カットがかかるたびにいなくなったりする。
たまたま通り掛かった静岡から来たという先生も参加されていた。
それなりに楽しんで帰られた。

その後もロケは続いたが出番はなく、一般人が帰っていく中、
ひたすらぼやっと過ごす。
長い間放っておかれたので
自分だけ終わったこと知らずにいるのかと不安を抱いた。
でも漕艇場内にはまだたくさん人がいる。
普段はこんなに人はいないはずだと自分に言い聞かせるしかない。
スタッフの人を捕まえて聞いてみるも、
情報が入ってこないのでわからないとのこと。
日没も間近となった頃、堪忍袋の緒が切れた。
「よし、帰ろう!」
意を決して集合場所の唐崎公園に戻ると、
すでに記念品の受け渡しを始めていた。
トートバック、CDケース、油取り紙、電卓の内
どれか一つを選んでもらう。
もちろん、全品「がんばっていきまっしょい」のロゴ入り。
ピンクのトートを握りしめ、公園を後にした。

しかし、この後が大変だった。
目の前を乗ろうとしていたバスが通過。
仕方ない、次のバス停まで・・・、と歩いている内に
どんどん路線バスに追いこされる。
そして、石山駅に着いてしまった。
なんだか、歩き疲れたのもあるけど、
1日中外にいたのでくたくたになってしまった。
あ〜疲れた。
[PR]
by mt-fanfare | 2005-08-25 11:31 | エキストラ

エキストラに参加だ!

昨日、ボランティアでドラマのエキストラに行ってきた。
T○S系の2時間サスペンスで、原作はサスペンスの女王・山村美沙だ。
以前にも山村美沙サスペンスに出た事がある。その時は、映画(ドラマだっけ?)の製作発表会&パーティーのシーンだった。人間関係のもつれが展開された後、皆が見ている前で監督が毒殺され、会場が必要以上にパニックに陥る、と言った感じ。今回は誰か殺されるのかと思いきや、誰も死なず撮影が終了した。ちょっと残念。あのパニックシーンがいいのに。

その場で殺人事件は起こらなかったものの、登場人物の伏線を臭わす小事件が起こる。今回はそういうシーンの撮影だった。

京都の華道家元の孫娘・春香が花展を開く。家元で春香の祖父、叔父や叔母、代議士まで出席し、盛大に催される。17歳にして才能を発揮する娘に、鼻高だかな両親。
そこへ主人公一家が招待される。主人公の娘と春香は友達なのだ。
談笑していると、そこへ酔っぱらい女が現れる。その女は家元の娘で、春香の叔母でもある。そして展示してある生け花を倒してしまう。
「何しに来たんだ」と、なじる春香の両親。
「あら、実の妹に随分な言い方ね。姪っ子の花展を見に来ただけじゃないのよ」
と、悪びれる様子もない。家元の子供の中で、一番出来が悪そうだ。
しかし、黒服の男達につまみ出されてしまう。(喚きながら退場)
一同ぽか〜ん。そして、何事もなかったように現状にもどる。
その時、主人公の肩を誰かが叩いた。それは、かつての同僚だった。
二事三事ほど言葉をかわすと、用事があると言って元同僚は名刺を渡し、足早に会場を後にしてしまう。

と、まぁこんな感じのロケだった。
しゃべり過ぎ?(申し訳ない)
どんなドラマになるか楽しみだ。

ドラマの展開も楽しみだが、撮影終了後にもらう記念品も楽しみの一つ。ボランティアなので基本的に出演料はもらわない。だから、唯一もらえる記念品がご褒美なのだ。映画なんかはオリジナルグッズなんかをもらえてうれしい。気前のいい製作会社は、記念品の他に商品券や現金をくれたりもする。
T○Sはちょっとしょぼい。前に出演した時はT○Sストアのクリアファイル。今回はT○Sのロゴ入りボールペン。なんの教養も無しにテレビに出ようって言うんだから、これぐらいでいいのかも。でも、ねぇ…。
[PR]
by mt-fanfare | 2005-04-18 16:57 | エキストラ

エキストラ話

先週の話だが、映画のエキストラに行ってきた。
撮影場所は京都の梅小路蒸気機関車館。
集合時間が(私は)8時30分。
5時半起きだよ。つっつらい。

映画は「3丁目の夕日」で、時代設定が昭和30年頃。
青森からの集団就職で、汽車で上野駅に到着したシーンを撮るとの事。
「パッチギ」以来のセーラー服を着た。
後で写真を撮っておこう。エヘヘ。
私は運がよくて、衣装としてコートまでついていた。
控え室(というかテント)ではたいして寒くはなかった。
テントの外にいても「ちょっと寒いかな」程度だった。
小さいカイロを2つポケットに突っ込み、
撮影現場に向かうと・・・

さぶっ!
折しも天候は西高東低の気圧配置に変わったところか、
吹きっさらしの線路上には寒風がふきすさんでいた。
しかも梅小路蒸気機関車館は、思っていた以上に広く、
撮影セットのある線路上は風をしのぐところがなかった。
コートの上にダウンを羽織ってこなかった事を悔やむ。

いざ撮影となると、なかなかOKがでない。
セットを補強したりとか、曇り待ちだったりとか、結構待たされた。
寒さで足の指の感覚がなくなった。
しかも、お昼ご飯もお預け状態で、
出番がないのに放っておかれたので、寒さと空腹でひもじい。
ちなみに、有名な俳優さんもいなかった。
待っている間に他のエキストラの方と喋った。
ほとんどの人が劇団や養成所に所属しているとの事。
(私はボランティアなのだ)
そしてみんな若い。
一番若いコで13歳。中1?
おばちゃん、ついて行けないわ。

3時半にロケ弁を頂き、その後解放された。
さぁ、お楽しみの記念品は・・・、
手ぬぐい。
うっ!マジ?
しかもごっつぅ普通の手ぬぐいやん。
一緒にもらった千円分の図書券が唯一の救いである。
京都まで往復交通費、約2000円。ち〜ん。
[PR]
by mt-fanfare | 2005-02-15 11:41 | エキストラ



Vista Quest R2で撮った画像を載ったり、山のコアなネタだったり…(なお、クラフト系はFC2ブログに移転しました)そして、コメントは承認制…何かとゴメン
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
ブックマーク
南向き6帖の洋間から(fc2ブログ)
 ブログの引っ越し先です。主にクラフト系の記事ですが、山関係も掲載中
soulful-bigover
 公私共にアウトドアなお方
ポレポレ・ノート
 環境企画アヴュのブログ
きょろのひまわり日記 楽しいこと見ぃつけた
 きょろさんのブログ
いちごのまさみ農園
 いちご狩り、いちご摘みのまさみ農園さんのHP
「いちご一会」
 いちごびとさんのブログ
お気に入りブログ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧